WHITE PAPER
Driving the Future of Connected Cars with MQTT →

EMQX CloudのBYOCタイプを発表:強力なMQTTサービスをプライベートのクラウド環境に展開

EMQX Cloud Team
May 26, 2023
EMQX CloudのBYOCタイプを発表:強力なMQTTサービスをプライベートのクラウド環境に展開

オープンソースMQTTメッセージングプラットフォームのリーディングプロバイダーであるEMQは、EMQX CloudサービスのBring Your Own Cloud(BYOC)エディションを発表しました。このエディションにより、顧客はAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、またはGoogle Cloud Platformなど、自分自身が選んだクラウド環境にMQTTクラスターを展開することができます。

EMQX Cloudの新しいBYOCエディションにより、ユーザーはデータに対してより大きなコントロールを持つことができ、厳格なコンプライアンスとセキュリティ規制に従うことができます。EMQがMQTTサービスの管理と最適化における専門知識を活用することで、企業は既存のクラウドインフラストラクチャを利用しながら成功を達成することができます。

BYOCエディションは、通常のクラウドサービスでは満たせない特定のMQTTサーバーのニーズを持つ組織にとっても理想的なソリューションとなります。ユーザーは、EMQXの強力なMQTTサーバーの完全な潜在能力を発揮し、最適なパフォーマンスのためにIoTインフラストラクチャを効率化することができます。

MQTT BYOC

なぜ企業がBYOCを採用しているのか?

クラウドサービスは、近年IoTの世界を革新し、高速性、効率性、スケーラビリティなどの利点を提供しています。クラウドの採用が進むにつれ、クラウドセキュリティソリューションはますます重要になっています。テクノロジーサヴィな産業のリーダーたちは、クラウドサービスに移行する際に自分たちのデータをコントロールし続けることの重要性に気づいています。

BYOCは新興のテクノロジートレンドとして、ユーザーが自分たちのコンピューティングインフラストラクチャや好きなクラウドプロバイダを使用できるようにし、現在のコンピューティングリソースを活用し、スムーズかつ安全にワークロードを実行できるようにします。

BYOCでIoTデータプライバシーを管理する

データ主権とコンプライアンスは、様々な産業の企業にとって重要な問題です。企業は、顧客のデータが安全でプライベートであることを確保するため、厳格なデータ保護規制に従わなければなりません。このような場合、BYOCモデルは、クラウドにデータを保持し、完全にコントロールできるため、非常に推奨されます。

特定の規制、例えば一般データ保護規則(GDPR)に準拠する必要がある場合、EMQX Cloud BYOCエディションは、最も強力なデータセキュリティ保証を提供するため、懸念する必要がありません。

カスタマイズ可能でコスト効果の高いMQTT展開

EMQX Cloud BYOCから得られるその他の利点は以下のとおりです。

  • 従量制の料金支払い– EMQX Cloud BYOCは、既存のクラウドインフラストラクチャを使用し、使用するサービスのみに支払いを行うことで、コスト効果の高いソリューションを提供します。

  • 柔軟なクラウド展開– BYOCエディションの柔軟性は、顧客が自分たちの選んだクラウドにEMQX MQTTサーバーを展開できるため、カスタマイズ可能でスケーラブルなMQTTサーバーを探しているIoTソリューションプロバイダにとって理想的です。

  • シームレスなシステム統合– EMQX Cloud BYOCは、カスタマイズや既存のシステムとのシームレスな統合などの追加の利点も提供し、従来のクラウド提供に満たせないMQTTサーバーの特定の要件を持つビジネスにとって良い選択肢となります。

EMQX Cloud–すべてのMQTTサービスニーズを満たすためのプラットフォーム

EMQX Cloudは、その優れたパフォーマンス、スケーラビリティ、手頃な価格のため、世界中のユーザーから熱狂的な支持を受けています。EMQX Cloudを使用することで、企業は自分たちのインフラストラクチャを管理および維持する手間を省くことができ、IoTビジネスを簡単に立ち上げることができます。

最近リリースされたServerlessエディションにより、すべての開発者に無料のMQTTサービスが実現されました。今回のBYOCエディションの発売により、顧客はデータに対するより大きな柔軟性やコントロールを得ることができ、データ保護規制に準拠することができます。

私たちのミッションは、引き続き進化し続ける中で変わらず、すべての組織が最新のMQTTサービスを所有し、IoTの最前線に立つことを可能にすることです。

EMQX Cloud BYOCエディションの詳細および貴社にとってどのように役立つかについては、当社のランディングページをご覧いただくか、お問い合わせください。

おすすめ閲読

Jul 26, 2023EMQX Cloud Team
Google CloudでEMQX Cloud BYOCが利用可能になりました!

そして今、EMQX Cloud BYOCがGoogle Cloudでも利用可能になったことを発表します。この新たな開発により、ユーザーはGoogle Cloudの強力なインフラストラクチャと高度な機能をMQTTメッセージングニーズに活用する新たな道が開かれます。