WHITE PAPER
Driving the Future of Connected Cars with MQTT →

MQTTパフォーマンス・ベンチマーク: EMQXシングルノードが2Mメッセージスループットをサポート

EMQX Team
Sep 18, 2023
MQTTパフォーマンス・ベンチマーク: EMQXシングルノードが2Mメッセージスループットをサポート

背景

この記事では、EMQXのメッセージスループットのベンチマーク結果を提供します - EMQXのシングルノードは1秒間に200万メッセージのスループットを処理できます。

テストシナリオ

このベンチマークテストは、EMQXに接続する20のパブリッシャと1000のサブスクライバをシミュレートします。すべての接続が確立されると、各パブリッシャは1秒あたりペイロード16バイトのQoS 0メッセージを100個発行します。 サブスクライバは、トピックワイルドカードを介してすべてのパブリッシャのメッセージを購読します。

  • 平行接続: 20のパブリッシャ、1000のサブスクライバ
  • パブリッシュトピック: 各パブリッシャにはtest/ をプレフィックスとする一意のトピックがあります
  • サブスクライブトピック: すべてのサブスクライバは test/# の形式のワイルドカードトピックを購読します
  • QoS: 0
  • ペイロード: 16バイト
  • メッセージスループット: 2,000,000/秒

テスト環境

テスト環境はAlibaba Cloud上に構成されており、すべての仮想マシンはVPC(仮想プライベートクラウド)サブネット内にあります。

マシンの詳細

サービス デプロイ バージョン OS CPU メモリ クラウドホストモデル
EMQX single node 5.0.21 RHEL 8.5 64C 128G hfc6.16xlarge

テストツール

このベンチマークテストでは、XMeterを使用してMQTTクライアントをシミュレートします。 XMeterはJMeter上に構築されていますが、スケーラビリティと機能が強化されています。 テスト中に包括的かつリアルタイムのテストレポートを提供します。 さらに、組み込みのモニタリングツールを使用して、EMQXマシンのリソース使用状況を追跡します。

XMeterにはオンプレミス版とパブリッククラウドSaaS版があります。 このテストでは、EMQXと同じVPCにプライベートXMeterをデプロイしています。

Test Architecture Diagram

システムチューニング

Linuxカーネルのチューニングについては、EMQXドキュメントを参照してください。

ベンチマーク結果

EMQXダッシュボードは、2M以上の発信メッセージ/秒が達成され、レートは30分間のテスト全体でかなり安定していることを示しています。

Benchmark Results

图片.png

メトリクス

パブ-サブの平均レイテンシ 2.93ms
メッセージングフェーズのCPU使用率 最大92%、平均88%
メッセージングフェーズのメモリ使用量 最大1.2GB、平均1.1GB

まとめ

このベンチマークレポートは、シングルノードデプロイメントにおけるEMQXのメッセージスループットパフォーマンスの高さを示しています。 EMQXは、大量のメッセージ送信下でもメッセージレイテンシを低く保ちながら、複雑なビジネスシナリオで使用できます。

EMQX Enterprise を無料トライアル
任意のデバイス、規模、場所でも接続可能です。
Get Started →

おすすめ閲読