WHITE PAPER
Driving the Future of Connected Cars with MQTT →

Neuron v1.3.0が正式リリースされ、一括で産業データにアクセスできます!

Neuron Team
May 26, 2023
Neuron v1.3.0が正式リリースされ、一括で産業データにアクセスできます!

EMQ産業インターネットクラウドエッジ協調ソリューションの重要な部分であるIoTエッジ産業プロトコルゲートウェイソフトウェア - Neuronは、リリース以来、産業プロトコルの変換とアクセス、機器のリモート監視と管理など、エッジ側の産業機器データ収集に必要な機能を多くの産業分野のユーザーに提供しています。

Neuronは、Modbus、OPCUA、三菱、シーメンス、ロックオートメーション、オムロンなど、数十種類の産業機器プロトコルのアクセスと変換をサポートし、コンテナフレームワークは必要ありません。超低リソース消費で、X86とARMアーキテクチャをサポートしており、産業IoTプラットフォームを構築するのに理想的な選択肢です。

最近正式にリリースされたNeuron v1.3.0のダウンロードリンクはこちらです。https://www.emqx.com/ja/try?product=neuron

プロトコルサポートリストは、電力業界をカバーするように拡張されています

新たにリリースされたNeuron v1.3.0では、DL/T645-07、IEC 60870-5 104、IEC 61850 MMSなどの電力業界向けプロトコルが追加されました。同時に、TCP上のFINSのPLCプロトコルが追加されました。これにより、Neuronは、より多くの産業ユーザーがエッジデバイスのデータ管理を実現できるようになります。

IEC 61850プロトコルは、モデルのインポートやモデル解析に関連するいくつかの機能が必要であるため、現時点ではカスタマイズのみをサポートしています。

DL/T645-07プロトコルを例にとると、デバイスの配線方法は以下の図に示されています。メーターは電源に接続され、USBからModbusコンバーターを介してシリアルポート接続でコンピューターに接続されます。Neuronは、設定を通じて、メーターの電流、電圧、電力などのパラメータを読み取ることができます。

Neuron read meter data

既存のプロトコルサポートがさらに強化されます

新バージョンでは、OPC UAやModbusなどのサポートされているプロトコルが強化・改善されています。

OPC UAのサブスクリプション機能

プロパティ設定には、サブスクリプション機能を選択するボタンがあります。この機能は、データを受動的に受信することができ、Neuronのデバイスへの読み取り操作の回数を減らすことができ、ネットワークトラフィックを減らすことができます。サブスクライブされたポイントがOPC UAサーバー上でサブスクリプション権限を持っている場合、ポイントのデータ変更が自動的にNeuronに更新されます。

OPC UA subscription function

OPC UAのサブスクリプション機能

ModbusはDTUデバイスの接続をサポートしています。DTUデバイスのクラウドでリモートサーバーアドレスをNeuronが実行されている環境のIPアドレスに設定し、対応するポート番号を設定することで、NeuronはDTUデバイスにアクセスしてデータを読み取ることができます。Neuronのドライバ設定で、Hostnameを設定するとき、Neuronが実行されている環境のIPアドレスを入力してください。

Modbusの各ポイントでバイトオーダーを個別に定義できる機能を追加

ドライブアドレス形式: STN!ADDR.BIT#ENDIAN

Neuron Modbus

セキュリティが向上し、より信頼性の高いデータ通信

最新バージョンでは、WebサーバーAPIのHTTPS認証機能が追加されました。安全なSSL暗号化伝送プロトコルが追加されました。サーバーAPIでは、リモートHTTPS接続を介してブラウザとサーバ間の通信を暗号化し、データ伝送の安全性を確保できます。

Neuron HTTPS

バグ修正とスムーズな使用

OPC UAプロトコルでサーバーがUserTokenPolicyの使用を強制する場合、ユーザー名でログインできない問題を修正

セキュリティ上の考慮から、一部のOPC UAサーバーは、デバイスがログインする際にユーザー名とパスワードをクリアテキストで渡すことを禁止し、「認証方法の説明」をデバイスに提供します。次に、デバイスは説明に従ってユーザー情報を処理し、再度OPC UAサーバーに送信します。OPC UAは、ユーザー情報を確認した後に対応するアクションを実行します。

Neuron OPC UA

Dockerの起動問題を修正

Dockerで同時に10個のインスタンスを起動する際、インスタンス1で「致命的なエラー」が発生する問題を修正します。

オープンソースの原点を持つNeuron v2.0が期待されます

現在、Neuronチームは、製品の機能とパフォーマンスを引き続き向上させ、将来的に他のEMQ製品との統合と協力がスムーズに行われるようにしています。Neuronの今後の研究開発は、コア機能により焦点を当て、「IoTエッジ産業プロトコルゲートウェイソフトウェア」としての製品ポジショニングを深め、産業分野でのデータ「接続と移動」をサポートします。

同時に、オープンソースのIoTデータインフラストラクチャソフトウェアプロバイダーであるEMQは、Neuron v2.0でオープンソースプロセスを開始します。Neuron v2.0は、新しいデータ通信アーキテクチャを採用し、マルチコアCPUの性能を最大限に活用し、システムの応答性と搭載容量を向上させ、より少ないメモリでより高速な応答と高いデータ帯域幅を実現します。さらに、複数のデバイスの同時接続、動的な設定変更(再起動なし)、およびドライバのホットアップデートをサポートします。

オープンソースのNeuron v2.0は、産業分野のより多くのユーザーにエッジ産業データへのワンストップアクセスサポートを提供し、よりオープンな製品形態は産業統合を加速し、上流および下流のパートナーと共同で産業インターネットの発展を促進します。

オープンソースのNeuron v2.0は、産業分野のより多くのユーザーにエッジ産業データへのワンストップアクセスサポートを提供します。よりオープンな製品形態は、産業統合を加速し、上流および下流のパートナーと共同で産業インターネットの発展を促進します。

最新情報にご注目ください!

おすすめ閲読

Aug 7, 2023Neuron Team
デバイスベースのテンプレートによるIIoT一元管理の効率化

この最新バージョンでは、サウスバウンドに統合のためのデバイスベースのテンプレート、ModbusのUDPトランスポートサポート、Modbusのリードリトライサポート、IEC104の高可用性マスタースレーブモードなど、いくつかの新機能が導入されています。