WHITE PAPER
Driving the Future of Connected Cars with MQTT →
Azure用のMQTT

Azure上のEMQXでIoTの可能性を解放

EMQXを基にした、Azure IoT Hubへのトップレベルサービス代替。MQTT 5.0の全潜在能力を解放します。ベンダーロックインはありません。

Azure上のEMQXでIoTの可能性を解放

Built on EMQX

The Leader in Open Source MQTT Broker

100M+

Connected IoT Devices

40M+

Docker Pulls

60K+

Active Clusters

500+

Enterprise Customers

EMQXクラウドとAzure IoT Hubの比較

Azure IoT HubEMQXクラウド
クライアントサーバーモデルでは、デバイスとクラウドアプリケーション間に密接な連携が必要です。 MQTTモデルは、パブリッシュ・サブスクライブ方式を採用し、パブリッシャーとサブスクライバーを互いに分離します。
MQTT v3.1.1に対する限定的な機能サポート、MQTT v5に対する限定的な機能サポート。さらなる機能サポートの計画はなし。 MQTT 3.1、3.1.1、5.0標準に100%準拠。すべてのMQTTクライアントとシームレスに統合。
ベンダーロックインの独自クライアントSDK 30以上のオープンソースMQTTクライアントSDK。
変更できない静的な事前定義トピック。 実際のシナリオに応じて顧客が任意のトピックを定義できます。
クラウドからデバイスへのブロードキャストやデバイス間通信はサポートされていません。 パブリッシャーとサブスクライバーのモードに基づき、デバイス間通信およびデバイスとクラウド間の相互通信をサポート。

Azureを使用したEMQXによるシームレスなIoTデータ取り込み

EMQXは、AzureイベントハブへのMQTTメッセージの移動を簡単にします。シンプルなSQLベースのルールエンジンを使用して、メッセージがAzureサービス(AI/ML、Cosmos DB、Data Lake、Analyticsなど)に取り込まれる前に、効果的にフィルタリング、抽出、強化、変換できます。

Azureを使用したEMQXによるシームレスなIoTデータ取り込み

機能

完全なMQTT 5.0サポート

完全なMQTT 5.0サポート

MQTT v5.0標準に100%準拠。

サービス品質レベル0、1、2をすべてサポート。

すべてのMQTTクライアントSDKと互換性があります。

スケーラビリティとパフォーマンス

スケーラビリティとパフォーマンス

数百万のIoTデバイスを簡単に接続。

1秒間に100万のMQTTメッセージを取り込み。

複数の可用性ゾーンによる高可用性。

セキュリティとアクセス制御

セキュリティとアクセス制御

AWS IAMによる安全なアクセス制御?

JWTトークン認証。

細かいアクセス制御。

柔軟性と統合

柔軟性と統合

SQLベースのルールエンジンとフローデザイナー。

AWS KinesisとMSK(Kafka)との統合。

AWS RDS (Aurora、MySQL)との統合。

使用開始に準備はできましたか?