WHITE PAPER
Driving the Future of Connected Cars with MQTT →
MQTT | Kafka

EMQXでIoTデータをKafkaにストリーミング

最小限のコーディングと設定でMQTTとKafkaのシームレスな統合を実現。複雑なプロセスとはお別れし、データの取り込みを効率化。

EMQXでIoTデータをKafkaにストリーミング

EMQXを使ってMQTTとKafkaを使う理由

MQTT

MQTTは、IoT(モノのインターネット)のための事実上の標準メッセージングプロトコルで、軽量で効率的な設計で知られています。信頼性の低いネットワークでも、数百万台のIoTデバイスを接続し、スケーラビリティと信頼性を保証するのに最適です。

Kafka

Apache Kafkaは、企業システム間でデータを接続・交換するデータストリーミングプラットフォームです。しかし、KafkaはIoT向けに設計されておらず、安定したネットワークを必要とし、より多くのリソースを消費し、数千のクライアントとトピックのみをサポートします。

EMQX

EMQXは、内蔵されたKafka統合を備えた高スケーラブルなMQTTメッセージングブローカーです。EMQXはMQTTとKafkaを完璧にマッチさせ、数百万台のIoTデバイスを企業システムに接続し、IoTデータからビジネス価値を引き出します。

最小限の労力で完全なMQTTとKafkaの統合

EMQXの箱出しの統合は、MQTTメッセージをKafkaのデータフローに効率的にストリーミングします。EMQXの内蔵されたSQLベースのルールエンジンを活用することで、MQTTメッセージを簡単にフィルタリング、抽出、エンリッチ、変換し、Kafkaへの取り込みをシームレスかつ柔軟に行えます。

最小限の労力で完全なMQTTとKafkaの統合

機能

双方向データブリッジング

双方向データブリッジング

内蔵データブリッジとルールエンジンを使用して、EMQXはKafkaからメッセージバッチを消費したり、Kafkaに対してメッセージバッチを生成したりできます。

高いパフォーマンスと信頼性

高いパフォーマンスと信頼性

非同期およびバッチ処理メカニズムにより、EMQXは1秒間に最大100万のMQTTメッセージをKafkaに書き込むことができます。

自動容量拡張

自動容量拡張

EMQXは、Kafkaのパーティション拡大を自動的に検出し、再設定や再起動を行うことなく容易にビジネスの成長に合わせてスケールアップできます。

低コード統合フロー

低コード統合フロー

内蔵のフローデザイナーを使用することで、IoTデータを抽出、フィルタリング、エンリッチ、変換し、特定のKafkaトピックにコードを書かずに書き込むことができます。

3分でセットアップ

数クリックで、EMQXのルールエンジンとフローデザイナーを使用して、IoTデータをフィルタリング、抽出、変換し、Kafkaに取り込むことができます。

3分でセットアップ
あらゆるKafka互換プラットフォームで機能

あらゆるKafka互換プラットフォームで機能

使用開始に準備はできましたか?