WHITE PAPER
Driving the Future of Connected Cars with MQTT →

EMQX Enterprise 5.1リリース:MQTT over QUICとMQTTベースのファイル転送をサポート

EMQX Team
Jul 10, 2023
EMQX Enterprise 5.1リリース:MQTT over QUICとMQTTベースのファイル転送をサポート

EMQXはクラウドネイティブの分散型IoT接続プラットフォームであり、一体化された分散型MQTTメッセージングサービスと強力なIoTルールエンジンを通じて、信頼性とパフォーマンスの高いIoTリアルタイムデータの移動、処理、統合を可能にします。「どこでも実行、無限の接続、任意の統合」を実現し、企業がキービジネスのIoTプラットフォームとアプリケーションを迅速に構築するのを支援します。

最近、企業向けのMQTT IoT接続プラットフォームであるEMQX Enterprise 5.1が正式にリリースされました。このバージョンは、ユーザーにより強力で柔軟なIoTソリューションを提供し、機能操作と管理プロセスを簡素化することで、ユーザーが必要なビジネスを迅速に構築するのを支援します。新バージョンは、より大規模でスケーラブルな新しいクラスターアーキテクチャを提供し、単一のクラスターで1億のクライアント接続を達成することができます。さらに、MQTT over QUICプロトコルを革新的に導入し、MQTTの大規模ファイル転送能力と視覚化されたデータ統合能力を提供します。企業ユーザーはEMQX Enterprise 5.1を利用して、より安全で信頼性の高い、ビジネス要件に応じて動的にスケーリングする大規模なIoTアプリケーションを構築することができます。

ダンロード:https://www.emqx.com/ja/try?product=enterprise

新しいアーキテクチャ、クラスターの規模、拡張性、信頼性が大幅に向上

自社開発の革新的なMriaクラスターアーキテクチャに基づいて、EMQX 5.0は10億レベルのIoT接続の時代に突入しました。最新のEMQX Enterprise 5.1バージョンでは、クラスターの安定性と信頼性がさらに強化されました。単一のEMQX Enterprise 5.1クラスターは最大23ノードをサポートし、1億以上のMQTT接続を扱うことができます。

Mria Cluster Architecture Diagram

これは現在のバージョンと比較して10倍の接続能力を実現しています。さらに、新しいアーキテクチャはEMQXにより強力な水平スケーリング能力と高い信頼性をもたらしています。新しいアーキテクチャのコア-レプリカント(Core-Replicant)ノードモデルのおかげで、企業ユーザーはビジネスを中断することなく、ノード数を柔軟にスケーリングすることができます。これにより、増加するビジネス規模をサポートしたり、運用コストを削減したりすることが可能になります。同時に、大規模なデプロイメントにおけるノードのスプリットブレインリスクと、スプリットブレインがビジネスに及ぼす影響も大幅に減少しました。これにより、企業ユーザーにより安定した信頼性の高いIoTデータ接続サービスを提供することができます。

MQTT over QUIC、次世代のIoT標準プロトコルがメッセージ伝送シーンを最適化

IoTデバイスが移動ネットワークや不安定なネットワークでデータ転送を行うシーンが増えるにつれて、デバイス接続の安定性を向上させ、デバイスの再接続コストを削減し、遅延を減らし、スループットを向上させることは、IoTデバイス接続技術が解決すべき問題の一つとなっています。QUICは次世代のインターネットプロトコルHTTP/3の下位転送プロトコルであり、TCP/TLSの制約を克服し、ネットワーク接続の効率を大幅に向上させることができます。

EMQX Enterprise 5.1は、MQTT over QUICプロトコルを初めて導入しました。これにより、IoTデバイスは移動ネットワークや不安定なネットワーク環境でも、より安定した接続を維持し、データ転送の効率を向上させることができます。

MQTT over QUIC Protocol Layers

さらに、QUICプロトコルは、データ転送の遅延を大幅に削減し、スループットを向上させることができます。これにより、大規模なファイル転送やリアルタイムのデータストリーミングなど、高度なIoTシナリオをサポートすることが可能になります。

EMQX 5.1のファイル転送機能

EMQX 5.1では、新たにファイル転送機能が追加されました。これにより、IoTデバイス間での大規模なファイル転送が可能となり、デバイスのアップデートやデータの同期など、多様なシナリオでの使用が可能となります。この新機能は、MQTTプロトコルの上に構築され、データの転送効率と信頼性を大幅に向上させます。特に、不安定なネットワーク環境下でも、データの転送が確実に行われ、データの損失を防ぐことができます。

また、EMQX 5.1のファイル転送機能は、ファイルの断片化と再組成をサポートしています。これにより、大きなファイルを小さなパケットに分割して転送し、受信側で再組成することができます。これは、ネットワークの帯域幅を最大限に活用し、転送速度を最適化するための重要な機能です。

さらに、EMQX 5.1では、ファイル転送の進行状況をリアルタイムで監視することが可能です。これにより、ユーザーは転送の状況を確認し、必要に応じて転送の制御を行うことができます。

これらの新機能により、EMQX 5.1はIoTデバイス間での大規模なファイル転送を効率的に、かつ信頼性高く行うことが可能となります。これは、IoTアプリケーションの多様なニーズに対応するための重要なステップです。

機能:

  • 他のビジネスと同じMQTT接続を使用することをサポートし、既存のクライアント管理システムを最大限に再利用します。
  • 分割転送をサポートし、これにより軽量クライアントでも大型ファイルを処理でき、MQTTプロトコルの制限サイズ(256MB)を超えるファイルも転送できます。
  • レジューム機能をサポートし、クライアントデバイスはいつでもファイル転送を一時停止してより高優先度のデータ転送を行うか、ネットワークの中断から転送を再開することができます。
  • QoSと精巧に設計されたチェック、再送機能により、ファイル転送の完全性を保証します。
  • 柔軟なストレージ層の設定が可能で、アップロードされたファイルは指定されたローカルディレクトリまたはS3互換のオブジェクトストレージに保存でき、後続の使用が容易になります。

応用シナリオ:

  • 車載ネットワーク:車内信号データファイルの一括アップロード 車両が生成する大量の信号データ、例えば速度、位置、燃費、運転行動監視データなどをローカルにキャッシュした後、一括してクラウドプラットフォームやデータセンターにアップロードします。
  • 産業IoT:非構造化生産データの一元化報告 産業インターネット環境で生産装置やセンサーが生成する多様な非構造化データ(テキスト、画像、ビデオなど)を信頼性高くサーバーまたはクラウドプラットフォームにアップロードし、データ分析、監視、産業生産プロセスの最適化を行います。
  • スマートシティ:ビデオ監視画像などのファイル転送 スマートシティでは、MQTTファイル転送機能を利用して、監視カメラや顔認識装置が生成する大量の画像データを指定のMQTTトピックに転送し、保存、分析、処理を容易に行い、上層サービスとシームレスに連携します。

データ統合能力の向上、IoTデータのビジュアル化と分析が容易に

EMQXは、ルールエンジンとデータブリッジ機能を通じて、柔軟かつ低コードの設定方法で、ユーザーにデータ統合能力を提供します。これにより、IoTデータのリアルタイム処理と第三者データシステムとの統合が可能になります。これには、Kafka、AWS RDS、MongoDB、Oracle、TimescaleDB、InfluxDBなどの各種時系列データベースが含まれます。

EMQX Enterprise 5.1では、データ統合能力をさらに強化し、企業ユーザーが各種のアプリケーション統合とビジネスイノベーションをより容易に、かつ柔軟に実現するのを助けます。

▎ビジュアル化されたルール処理でデータフローを編成

前のバージョンでは、EMQXのデータ統合はSQL+ルールアクションの設定により実現されていました。ユーザーはSQLの文法に精通している必要があり、ルールが多い場合、データ処理と統合フローの管理と保守が困難になり、ユーザーの開発と設定の障壁を高めていました。

EMQX Enterprise 5.1では、ビジュアル化されたFlowsページを通じて上記の問題を改善します。ユーザーは、各トピックのデータ処理ルールと対接する第三者データシステムを明確に把握することができ、またこのリンクの各ステップの状態をリアルタイムで監視することができます。

Data Flow View

▎より柔軟な双方向データ統合

EMQX Enterprise 5.1は、双方向データブリッジ能力を提供します。これにより、デバイスデータを外部システムにブリッジするだけでなく、他のMQTTサービスやKafkaなどの外部データシステムからEMQXにデータをブリッジし、ルール処理を経て指定されたデバイスに送信することも可能になります。

双方向データ統合は、クラウドからの配信シナリオに適しており、大規模なメッセージ配信を継続的に支持しながら、一貫した言語を使用してIoTデータのリアルタイム処理を実現することができます。これにより、IoTビジネス開発の可能性がさらに広がります。

Data Bridge and Rule Engine

さらに、EMQX Enterprise 5.1のデータ統合にバッファ機能を追加しました。これにより、大量のメッセージ統合時のピークカットとオーバーロード保護が可能になり、データ統合の信頼性を効果的に向上させ、ビジネスの利用可能性を保証します。

全新のダッシュボードにより、ブローカーの管理とモニタリングが容易に

EMQX Enterprise 5.1は、データ統合能力を大幅に強化しました。新しいバージョンでは、ユーザーはEMQX Dashboardを通じて、MQTTメッセージングデータのリアルタイムモニタリングと分析を行うことができます。これにより、ユーザーはデータの流れを直感的に理解し、問題を迅速に特定し、解決策を見つけることができます。さらに、EMQX Enterprise 5.1は、データ統合の視覚化をサポートし、ユーザーがデータの流れを視覚的に理解し、データの統合と処理をより容易に行うことができます。これにより、ユーザーはビジネスの洞察を迅速に得ることができ、ビジネスの意思決定を助けることができます。

Real-Time MQTT Cluster Overview

視覚なデザインを向上させるだけでなく、新規ダッシュボードはクラスター状態のリアルタイム観測可能性、機能設定と利用、問題の分析と診断を有機的に統合し、ユーザーがEMQXを使用してIoT開発を行う際の利便性を提供します。これは、必要なIoTソリューションを迅速に構築するための支援となります。

まとめ

このリリースでは、Mriaクラスターアーキテクチャを用いた革新的なアーキテクチャが導入され、EMQXが数十億の同時IoT接続を処理できるようになりました。また、MQTT over QUICは、接続のオーバーヘッドとメッセージの遅延を減らすことで、IoTとIoVのモダンなモバイルインターネットに適しています。さらに、大容量ファイルのMQTTベースの転送は、オフラインの一括データ転送を可能にします。これにより、オーディオ、ビデオ、画像などのデータを異なるプロトコルを使用せずに転送できます。また、EMQX Enterprise 5.1では、データ統合ワークフローの可視化がさらに改善されています。これにより、アプリケーション統合を容易にし、ビジネスイノベーションを推進します。

EMQX Enterprise 5.1は、IoTメッセージングのセキュリティを強化するための包括的なソリューションを提供します。これには、通信セキュリティのためのSSL/TLS、X.509デバイス認証、CRLとOCSP Stapling認証メカニズムが含まれます。

最後に、EMQX Enterprise 5.1は、完全に再設計されたUI/UXを導入し、リアルタイムのクラスターステータス監視、機能設定の効率化、高度なトラブルシューティングと診断を統合した新しいダッシュボードを提供します。

EMQX Enterprise 5.1は、企業が大規模なIoTアプリケーションを構築し、運用するための強力なツールを提供します。新しいアーキテクチャ、MQTT over QUICプロトコル、強化されたデータ統合能力など、多くの新機能と改善が導入されています。これにより、企業はより大規模で、より複雑なIoTシナリオを効率的に管理し、ビジネスの成長を支援することができます。

EMQX Enterprise を無料トライアル
任意のデバイス、規模、場所でも接続可能です。
Get Started →

おすすめ閲読