WHITE PAPER
Driving the Future of Connected Cars with MQTT →

自動車のコネクティビティに関する記事

EMQX Team
May 26, 2023
自動車のコネクティビティに関する記事

コネクテッドカーとは、インターネット接続と一連のセンサー、通信デバイスを備えた車両で、周囲とやり取りできる技術を指します。これらの技術には、GPSナビゲーション、エンターテインメントシステム、診断センサー、データ送受信を可能にする通信ツールなどが含まれます。

コネクテッドカーのシナリオとアプリケーション

コネクテッドカーは、他の車両、交通インフラ、オンラインサービスとも通信し、ドライバーにリアルタイム情報を提供し、安全性、快適さ、利便性を向上させます。

コネクテッドカーには、単一車両と協調の2つの主要なアプリケーションがあります。単一車両アプリケーションは、ドライバーアシスタンスやインフォテインメントなどの機能を提供する個々の車両にインストールされる技術を指します。

一方、協調アプリケーションは、車両と交通信号や他の車両などの道路インフラストラクチャーとの間で通信を可能にし、安全性と交通流を改善します。

コネクテッドカーは、ドライビングエクスペリエンスを向上させ、道路安全性を改善するために様々な用途を提供しています。以下は、コネクテッドカーの8つの主要な用途です。

  • コマース:コネクテッドカーは、燃料や通行料金から食品や食料品の注文まで、車内での購入や支払いのプラットフォームを提供することで、電子商取引のトランザクションを容易にします。
  • モビリティ管理:リアルタイムの交通状況や代替ルートに関する情報を提供することで、ドライバーが渋滞を回避し、ドライビングエクスペリエンスを改善できます。
  • 車両管理:コネクテッドシステムは、リモート診断やメンテナンスアラートを提供することで、ドライバーが車両のメンテナンスを把握し、故障を回避できます。
  • 安全性:コネクテッドカー技術は、歩行者、他の車両、天候条件などの潜在的な危険についてリアルタイムの警告を提供することで、安全性を改善することができます。
  • 故障予防:コネクテッドカーは、低いバッテリーやエンジントラブルなどの潜在的な問題の早期警告サインを提供することで、故障を予防することができます。
  • ドライバーアシスタンス:レーンデパーチャーウォーニング、アダプティブクルーズコントロール、自動緊急ブレーキなどのドライバーアシスタンス機能を提供することがあります。これらの機能は、ドライバーが安全に運転し、事故を回避するのに役立ちます。
  • ウェルビーイング:エアクオリティセンサーやウェルネスモニタリングなどのウェルビーイング機能を提供することがあります。これらの機能は、ドライバーが旅行中に健康的で快適に過ごすのに役立ちます。
  • エンターテインメント:コネクテッドカーは、ストリーミング音楽、映画、その他のコンテンツなど、さまざまなエンターテインメントオプションを提供することができます。これは、ドライビングエクスペリエンスを向上させ、長距離移動をより楽しいものにすることができます。

接続された車両が通信する5つの方法

車両データは、以下のようなさまざまな方法で伝送できます。

  1. 車両間通信(V2V):2台以上の車両間で通信を可能にします。V2Vは、車両の速度、位置、方向などの情報を交換できます。この技術は、車両同士が互いに通信して衝突を回避することで、道路の安全性を向上させるのに役立ちます。
  2. 車両対インフラ(V2I):車両と交通インフラ(信号機、道路標識、駐車メーターなど)との通信を可能にします。V2Iは、交通状況、道路工事、その他のイベントに関するリアルタイム情報を提供し、ドライバーがルートや運転行動に関する情報を提供するのに役立ちます。
  3. 車両対歩行者(V2P):車両が歩行者や自転車乗りと通信できるようにします。V2Pは、歩行者に接近する車両に関する警告を提供し、逆に車両に歩行者の存在を知らせることで、事故の防止と道路の安全性の向上に役立ちます。
  4. 車両対クラウド(V2C):車両がクラウドベースのサービスと通信できるようにします。V2Cは、リアルタイムの交通情報、天候情報などのデータを提供し、ドライバーがルートを計画し、運転体験を向上させるのに役立ちます。
  5. 車両対すべて(V2X):この技術は、上記すべてを組み合わせたものです。車両、交通インフラ、歩行者、クラウドベースのサービスとの通信を可能にします。V2Xは、道路環境の包括的なビューを提供し、車両が運転行動に関する情報を提供し、道路の安全性を向上させるのに役立ちます。

ブログを読む: 車両インターネットの柔軟なデータ収集を実現する方法

接続された車両インフラの異なるタイプ

接続された車には、組み込み型とテザリング型の2つのシステムがあります。

  • 組み込みシステムは、車両に組み込まれ、元々の設計の一部です。インターネット接続、GPSナビゲーション、エンターテイメントシステム、診断センサーなどの機能を提供します。これらのシステムは、車両内の他の組み込みシステムや、交通インフラや他の車両などの外部システムと通信できます。
  • 一方、テザリングシステムは、スマートフォンやタブレットなどの外部デバイスに依存して接続と機能を提供します。これらのシステムは、通常、USBやBluetooth経由で車両に接続され、音楽のストリーミングやリアルタイムの交通情報、車両の診断システムへのリモートアクセスなどの機能を提供します。

詳細な接続車両技術ガイド(近日公開)でさらに詳しく学びましょう。

接続された車が直面する課題は何ですか?

接続された車は、ドライバーや乗客、そして全体的な交通エコシステムに多くの利点をもたらします。ただし、これらの利点とともに、接続された車両技術の潜在能力を完全に活用するために対処する必要がある課題もあります。

  • サイバーセキュリティ:車両がより接続されるようになると、サイバー攻撃に対しても脆弱になります。車両のソフトウェア、通信チャネル、およびデータのセキュリティを確保することは、ユーザープライバシーを保護し、システム全体の完全性を維持するために重要な課題です。
  • データプライバシー:接続された車は大量のデータを生成し、送信します。このデータがどのように収集、保管、使用されるかに関する懸念があります。データプライバシーの懸念に対処し、データ保護規制に準拠することは、接続された車両技術の成功した展開に不可欠です。
  • 相互運用性:さまざまなコンポーネント、システム、および外部サービスが関与しているため、それらがシームレスに連携できるようにすることが重要です。業界全体の標準とプロトコルの開発と採用は、相互運用性と互換性を確保するために重要です。
  • 規制遵守:接続された車は、安全性、排出ガス、データ保護などの分野に関する進化する規制要件を満たす必要があります。これらの規制に遵守することは、接続された車両技術の成功した展開に重要です。
  • インフラ開発:接続された車の潜在能力を完全に活用するためには、通信ネットワーク、スマートシティ技術、電気自動車用充電ステーションなどのインフラに大幅な投資が必要です。

ブログ記事を読む:IoVプラットフォームの百万レベルメッセージスループットアーキテクチャ設計

これらの課題に対処することで、接続された車両技術の潜在能力を最大限に引き出し、交通システム全体の効率と安全性を向上させることができます。今後の技術革新とインフラ投資により、これらの課題への対策が進められ、接続された車両の普及がさらに加速されることが期待されています。

ブログ記事を読む:IoVプラットフォームの百万レベルメッセージスループットアーキテクチャ設計

MQTTを利用して車にどんなことを改善できますか?

MQTT(Message Queuing Telemetry Transport)は、低帯域幅、高遅延、または信頼性の低いネットワークが一般的な状況に対応するために設計された軽量なメッセージングプロトコルです。MQTTのパブリッシュ-サブスクライブモデルは、多くのコネクテッドカーのシナリオに適しています。

コネクテッドカーとMQTTは、車両、インフラ、およびIoT(Internet of Things)エコシステム内の他のデバイス間で効率的な通信とデータ交換を可能にするために効果的に連携できます。

MQTTをコネクテッドカーで利用するいくつかのユースケースを以下に示します。

  • 車両テレマティクス:MQTTは、車両の位置、速度、診断情報などのテレマティックデータを、リモートサーバーやクラウドベースのプラットフォームに送信するために使用できます。このデータは、リアルタイムのフィードバック、予防保守、およびフリート管理サービスに使用できます。
  • 車両対インフラ(V2I)通信:MQTTは、コネクテッドカーとスマートシティインフラ(交通信号機、駐車センサー、充電ステーションなど)との通信を容易にします。これにより、インテリジェントな交通管理、スマートパーキング、電気自動車充電ネットワークの効率的な利用などの機能が実現できます。
  • 車両対車両(V2V)通信:MQTTは、コネクテッドカー間で情報を交換するために使用でき、協調運転シナリオ、衝突回避、および交通の流れの改善が可能になります。これにより、コネクテッド車両環境の安全性と効率が向上します。
  • IoTエコシステムとの統合:MQTTは、コネクテッドカーがスマートホームシステム、ウェアラブルデバイス、スマートフォンなどの他のIoTデバイスとやり取りできるようにします。これにより、リモート車両制御、パーソナライズされたインフォテインメント体験、さまざまな接続環境間のシームレスな移行などの機能が実現できます。
  • インフォテインメントシステム:MQTTのパブリッシュ-サブスクライブモデルを使用して、ニュース、天気の更新、交通状況などのリアルタイム情報を車両のインフォテインメントシステムに提供できます。これにより、ユーザーエクスペリエンスが向上し、運転中に適切な判断ができるようになります。

ブログ記事を読む:IoVシナリオでのMQTT

EMQXがコネクテッドカーの通信を支える

EMQXは、IoTの接続とメッセージングソリューションを提供します。高性能、スケーラビリティ、および耐障害性を備えた最もスケーラブルなMQTTメッセージングプラットフォームを提供します。EMQXは、コネクテッドカーのソフトウェアが互いに、エッジサーバー、およびクラウドと通信できるようにします。リアルタイムでIoVデータを信頼性の高い形で移動および処理し、セキュアで信頼性があり、スケーラブルなコネクテッドカープラットフォームを簡単に構築できます。

EMQXは、コネクテッドカー市場で実績があります。2023年現在、20社以上のグローバルOEMメーカーと30社以上のTier 1 TSPプロバイダーが、EMQXをMQTTベースのコネクテッドカーデータアクセスソリューションとして選択してしています。世界中で2,000万台以上の車両がEMQXの商用製品とサービスを利用しています

EMQX for connected cars

コネクテッドカーにおけるEMQXの主な利点は以下の通りです。

エンタープライズグレードのMQTTメッセージプラットフォームとして、EMQXは以下の利点を持ち、コネクテッドカーのアプリケーション革新を支援できます。

  1. リアルタイム通信: EMQXは、コネクテッドカーのデバイスやシステム間で信頼性の高い効率的な通信プラットフォームを提供し、リアルタイムのデータ交換と分析が可能になります。これにより、迅速で反応性の高い通信が必要な革新的なアプリケーションが実現できます。
  2. スケーラビリティ: EMQXは高いスケーラビリティを持ち、多数のデバイスやセンサーを含むコネクテッドカーのアプリケーションで大量の接続やメッセージトラフィックを処理することができます。
  3. セキュリティ: EMQXは、TLS暗号化、認証、アクセス制御などの堅牢なセキュリティ機能を提供し、コネクテッドカー環境での機密データの保護に不可欠です。これにより、安全なデータ交換が必要な革新的なアプリケーションが実現できます。
  4. 柔軟な統合: EMQXプラットフォームは、データブリッジやAPIをサポートしており、コネクテッドカーのソリューションプロバイダーが、クラウド上のさまざまなデータベース、MQ、バックエンドシステム(センサーやインフォテインメントシステムなど)と接続できます。これにより、さまざまなシステムアーキテクチャとの統合が必要な革新的なアプリケーションが実現できます。
  5. 分析と監視: EMQXはリアルタイムの監視と分析機能を提供し、コネクテッドカーのソリューションプロバイダーが、デバイス接続、メッセージトラフィック、および他の重要な指標をリアルタイムで追跡できます。これにより、データ分析が必要な革新的なアプリケーションが実現できます。
  6. カスタマイズ: EMQXは高いカスタマイズ性を持ち、コネクテッドカーソリューションの特定のニーズに合わせて構成することができます。これにより、ソリューションプロバイダーは独自で革新的なアプリケーションを構築できます。

おすすめ閲読

Oct 12, 2023EMQX Team
V2Xとは?未来に車両とエブリの接続です

V2X (vehicle-to-everything) は、車両が他の車両 (V2V)、歩行者 (V2P)、インフラストラクチャ (V2I)、ネットワーク (V2N) など、環境内のさまざまな要素とデータを交換できるようにする通信技術です。