WHITE PAPER
The Most Trusted MQTT Platform for loV and Connected Cars →

スマートモビリティの発展:機会と課題

EMQX Team
Apr 15, 2024
スマートモビリティの発展:機会と課題

スマートモビリティとは?

スマートモビリティは、都市計画者、エンジニア、都市住民の想像力をかきたてる言葉です。テクノロジーを活用してより効率的で持続可能でユーザーフレンドリーなモビリティソリューションを提供する、新しい交通へのアプローチです。その核心には、交通渋滞とCO2排出量を削減し、ユーザーの安全性と利便性を高めながら、都市のモビリティの課題に取り組むことがあります。

従来の交通システムとは異なり、スマートモビリティは個々のユーザーを中心に据えています。ユニークなニーズと好みに合わせたパーソナライズされた柔軟なモビリティサービスを提供します。人工知能、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータ分析などの先進技術を活用することで、スマートモビリティソリューションはリアルタイムの情報を提供し、ルートを最適化し、さまざまな交通手段をつなげることで、移動体験をよりスムーズで楽しいものにします。

この記事は、Internet of Vehicles(IoV)に関する一連の記事の一部です。

スマートモビリティの主要コンポーネント

高度交通システム(ITS)

高度交通システム(ITS)は、センサー、通信ネットワーク、データ分析などのテクノロジーを交通インフラに統合し、交通の流れを監視・管理し、渋滞を緩和し、道路の安全性を高めます。

ITSはリアルタイムの交通情報を提供し、ドライバーが十分な情報に基づいた決定を下し、混雑したルートを回避できるようにします。さらに、動的な信号制御、インテリジェントな駐車場管理、自動料金徴収などを通じて、交通インフラの効率的な利用をサポートします。

コネクテッドカー

コネクテッドカーはインターネットに接続されており、車内外の他のデバイスとデータを共有できます。この接続性により、リアルタイムの交通情報、ルート提案、車内エンターテイメントなどを提供し、ドライビング体験が向上します。

コネクテッドカーはドライバーの利便性だけでなく、安全性も高めます。衝突回避システムや自動緊急通報などの機能により、事故を防ぎ、生命を救うことができます。

シェアードモビリティサービス

自転車シェアリング、カーシェアリング、ライドヘイリングなどのシェアードモビリティサービスは、都市住民に柔軟で手頃な価格の交通手段を提供します。これにより、自家用車の所有の必要性が減り、交通渋滞が緩和され、炭素排出量が減少します。

シェアードモビリティサービスは環境にも優しいだけでなく、社会的平等も促進します。手頃な価格で利用しやすい交通手段を提供することで、収入レベルや身体能力に関係なく、すべての住民にとって都市がより住みやすく包括的なものになります。

電動化

電気自動車(EV)は、消費者のコスト削減とバッテリー技術の進歩により、道路で見かける機会が急速に増えています。EVは排気ガスをゼロにすることで、大気汚染の削減と気候変動対策に貢献します。

さらに、電動化はスマートモビリティの他のコンポーネントと密接に関連しています。例えば、EVはシェアードモビリティサービスに統合でき、環境に優しく持続可能な交通手段を提供します。また、コネクテッドカーの台頭により、充電プロセスを最適化し、電力網への負荷を軽減するスマート充電ソリューションが可能になります。

自動運転車

自動運転車(AV)は、センサー、カメラ、人工知能を使用して、人間の介入なしで航行・操作します。いくつかの自動車メーカーによって開発が進められていますが、完全自動運転はまだほとんどの国で違法です。将来的には、AVは移動体験を革新し、より安全で効率的で快適な旅を実現する可能性があります。

個人の移動手段を超えて、AVは公共交通機関、物流、都市計画を変革する可能性を秘めています。シェアードモビリティサービスに組み込むことで、24時間体制の交通手段を提供できます。また、AVの台頭により、現在駐車場に使用されている都市空間が解放され、より多くの緑地や歩行者に優しい地域の道が開けるかもしれません。

自動運転車技術の詳細なガイドはこちら(近日公開予定)

スマートモビリティソリューションのメリット

スマートモビリティが現代の都市をどのように変えているのか、いくつかの方法を紹介します。

交通渋滞の緩和

スマートモビリティソリューションは、都市の交通渋滞を大幅に緩和することができます。交通の流れを最適化し、シェアードモビリティサービスを促進することで、道路上の車両数を減らし、移動をより速く円滑にします。コネクテッドカー技術、そして将来的には自動運転車により、交通管理の改善と道路インフラのより効率的な利用につながります。

炭素排出量の削減

スマートモビリティは、気候変動対策においても重要な役割を果たします。電動化と交通インフラの効率的な利用を促進することで、地球温暖化の主要原因の一つである交通からの炭素排出量の削減に貢献します。さらに、シェアードモビリティサービスは自家用車の所有の必要性を減らし、排出量を下げ、都市の大気をきれいにします。

安全性の向上

安全性はスマートモビリティの主なメリットです。ITSやコネクテッドカーなどの技術は、リアルタイムの交通情報や高度な安全機能を提供することで、事故防止に役立ちます。さらに、AVとドライバー支援技術の台頭により、人為的ミスが道路事故の主な原因であるため、安全性がさらに高まる可能性があります。

ユーザーと都市のコスト削減

スマートモビリティは、ユーザーと都市の両方に大幅なコスト削減をもたらす可能性があります。ユーザーにとっては、シェアードモビリティサービスが手頃な交通手段を提供し、車の所有コストを削減します。都市にとっては、スマートモビリティソリューションにより、交通インフラのより効率的な利用が可能となり、メンテナンスとアップグレードのコストが削減されます。

都市計画と土地利用の改善

最後に、スマートモビリティは都市計画と土地利用を変革する可能性があります。シェアードモビリティサービス、そして将来的にはAVの台頭により、駐車スペースの必要性が減り、都市空間に緑地、歩行者に優しいエリア、その他のコミュニティ施設のためのスペースが生まれます。さらに、スマートモビリティデータは、移動パターンや行動に関する貴重な洞察を提供し、証拠に基づく都市計画や政策立案をサポートします。

スマートモビリティの導入における課題

スマートモビリティには期待が持てますが、実装には膨大な投資と多大な努力が必要です。ここでは主な課題を紹介します。

インフラの整備と改修

多くの都市の交通ネットワークの現状は、デジタル化への準備ができていません。既存のシステムには、必要なテクノロジーを組み込むための大規模なアップグレードや全面的な見直しが必要です。

例えば、EVの普及には広範な充電ステーションネットワークが必要であり、慎重な計画と大規模な投資が必要です。同様に、シェアードモビリティサービスには、特別な駐車場と運用エリアの割り当て、都市と交通事業者の協力、車両の配置と利用の慎重な規制が必要です。

法的・規制上の障壁

課題リストの次は、数多くの法的・規制上の障壁です。スマートモビリティソリューションの新しさを考えると、多くの国ではその使用を規制する包括的な規制の枠組みがありません。これにより、不透明な法的状況が生まれ、投資家や企業が導入を躊躇する可能性があります。

例えば、配送や旅客輸送にドローンを使用することは、空域規制、安全基準、事故の際の責任の所在などの問題を提起します。同様に、自動運転車は、事故の際の法的責任をめぐる議論を巻き起こしています。そのため、政府がスマートモビリティを促進するために明確で支援的な規制を策定することが不可欠です。

プライバシーとセキュリティの懸念

スマートモビリティには大量のデータが伴います。このデータはサービスとユーザー体験の改善には非常に価値がありますが、プライバシーとセキュリティ上の大きな懸念も生じます。データ漏洩や個人情報の悪用のリスクは、多くの潜在的ユーザーにとって大きな抑止力となります。

さらに、スマートモビリティシステムの相互接続性の高さは、サイバー攻撃に対する脆弱性を高めます。侵害されると、大規模な混乱を招き、人命を危険にさらす可能性があります。したがって、堅牢なデータセキュリティ対策と透明性のあるデータ処理慣行を確保することが、スマートモビリティの成功にとって極めて重要です。

国民の受容と普及への障壁

従来の交通手段からテクノロジー主導のソリューションへの移行には、考え方と行動の大幅な変化が必要です。

自動運転車やドローンなどの新技術の信頼性と安全性については、大きな不安があります。さらに、デジタルリテラシーとアクセシビリティも、特に高齢者や恵まれない地域社会では障壁となる可能性があります。したがって、信頼とインクルージョンを構築することが、国民の採用を促進するために不可欠です。

既存の交通システムとの統合

最後に、スマートモビリティソリューションを既存の交通システムに統合することが大きな課題です。スマートモビリティは、従来の交通手段を置き換えるのではなく、テクノロジーでそれらを強化し、シームレスで効率的で持続可能なネットワークを作ることです。

この統合には、政策立案者、技術プロバイダ、交通事業者、エンドユーザーなど、さまざまな利害関係者間の調整が必要です。また、相互運用可能なシステムと標準の開発も必要であり、異なるソリューション間でのスムーズなデータ交換と互換性を確保する必要があります。

スマートモビリティ導入のベストプラクティス

1. 交通ユーザーを中心に据える

スマートモビリティの導入に際しては、ユーザー中心のアプローチが鍵となります。究極の目的は、日常的な通勤者、時々の旅行者、物流サービスプロバイダーなど、すべてのユーザーの移動体験を向上させることです。

このアプローチには、異なるユーザーグループのニーズと嗜好を理解し、計画プロセスに巻き込み、すべての人が使いやすくアクセスしやすいサービスを設計することが含まれます。また、ユーザー教育と関与に重点を置き、採用を促進し、責任ある使用を奨励することも重要です。

2. データプライバシーとセキュリティに対応

スマートモビリティに関連するプライバシーとセキュリティの懸念を考えると、堅牢なデータ保護措置を採用することが不可欠です。これには、データの暗号化、高度なサイバーセキュリティソリューションの採用、潜在的な脅威に対抗するためのシステムの定期的な更新が含まれます。さらに、データ処理慣行の透明性は、ユーザーの信頼を築くのに役立ちます。これは、どのようなデータが収集され、どのように使用され、誰と共有されるかを明確に伝えることを意味します。また、ユーザーにデータの管理権限を与え、プライバシーの設定を尊重することも含まれます。

3. スマートモビリティ事業の包括的な計画

スマートモビリティの導入には、インフラの整備や規制への対応から、ユーザー参加やシステム統合まで、多くの要因を考慮した包括的な計画が必要です。このような計画は、技術の進歩と変化するユーザーのニーズに対応できるよう、柔軟性を持たせる必要があります。

また、パイロットプロジェクトは、新技術のテスト、潜在的な問題の特定、本格的な実施前のユーザーフィードバックの収集に役立つ貴重なツールです。また、国民の支持を得て、スマートモビリティの利点を実証するのにも役立ちます。

4. 持続可能性を優先する

スマートモビリティへの移行は、持続可能性を優先するための絶好の機会です。つまり、炭素排出量を削減し、エネルギー効率を促進し、環境への影響を最小限に抑えるソリューションを選択することです。

例えば、電気自動車やシェアードモビリティの利用を促進することで、大幅な公害の削減が可能です。同様に、スマートな交通管理システムは、渋滞を緩和し、燃料効率を改善するのに役立ちます。持続可能性を優先することは、環境に利益をもたらすだけでなく、都市の居住性と魅力も高めます。

5. シェアードモビリティを推進する

最後に、シェアードモビリティを推進することは、スマートモビリティへの移行を加速するベストプラクティスです。カーシェアリング、ライドシェアリング、バイクシェアリングなどのシェアードモビリティソリューションは、交通の効率を高め、車両の所有を減らし、渋滞を緩和することができます。

しかし、シェアードモビリティが成功するためには、手頃な価格、利便性、安全性を確保することが重要です。これは、革新的なビジネスモデル、公共交通事業者との提携、予約、支払い、ルート計画を容易にするためのテクノロジーの活用によって達成できます。

EMQX MQTTプラットフォーム:スマートモビリティソリューションの効率的で信頼性の高い通信を実現

MQTTは、スマートモビリティエコシステムのさまざまなコンポーネント間の効率的で信頼性の高い通信を実現することで、スマートモビリティを大幅に可能にする軽量のメッセージングプロトコルです。MQTTは、デバイスやセンサーがリアルタイムでデータを交換する必要があるシナリオに適しているため、スマートモビリティソリューションの多くの側面に理想的な選択肢となります。

EMQは、オープンソースのIoTデータインフラストラクチャを提供する世界有数のソフトウェアプロバイダーです。強力でスケーラブルなMQTTブローカーであるEMQXを使って、スマートモビリティをどのように可能にしているのか、ご紹介します。

  • リアルタイムのデータ交換: EMQXは、車両、信号機、センサー、中央制御システムなど、スマートモビリティシステムの異なるコンポーネント間のリアルタイム通信を提供します。このリアルタイムのデータ交換により、交通状況、道路の閉鎖、その他の関連情報について即座に更新されます。
  • 効率的なデータ伝送: MQTTの軽量な性質とパブリッシュ・サブスクライブモデルにより、制約のあるネットワーク上で小さなデータパケットを効率的に送信できます。これは、IoTデプロイメントなど、帯域幅が限られているスマートモビリティアプリケーションにとって重要です。
  • スケーラビリティ: 当社のEMQX MQTTプラットフォームは、数百万台のデバイスとクライアントを同時に接続できるように設計されています。スマートモビリティの文脈では、パフォーマンスを犠牲にすることなく、幅広い接続された車両、センサー、インフラ要素をサポートできます。
  • 信頼性とサービス品質(QoS): EMQXは、メッセージの確実な配信を保証するために、さまざまなレベルのサービス品質(QoS)をサポートしています。これは、正確でタイムリーなデータ交換が不可欠な安全性と運用効率のために、スマートモビリティの重要なアプリケーションにとって重要です。
  • 帯域幅の使用量の削減: 当社のMQTTプラットフォームは、コンパクトなバイナリプロトコルを使用しており、他の通信プロトコルと比較してデータのオーバーヘッドを削減します。これは、特に車両間(V2V)通信や車両とインフラ間(V2I)通信など、帯域幅の使用量を最小限に抑えることが不可欠なアプリケーションに有益です。
  • クラウドサービスとの統合: 当社のEMQX MQTTプラットフォームは、すべてのクラウドベースのプラットフォームと容易に統合できるため、スマートモビリティデータをクラウドに保存、分析、処理できます。これにより、高度なデータ分析、予測モデリング、意思決定が可能になります。
  • セキュリティ: EMQXは、暗号化、認証、アクセス制御などのセキュリティ機能をサポートしています。スマートモビリティデータの機密性の高さを考えると、これらのセキュリティ対策は、不正アクセスやデータ漏洩から保護するために不可欠です。
  • イベント駆動型の通信: 当社のパブリッシュ・サブスクライブモデルは、イベント駆動型の通信を可能にし、デバイスがリアルタイムのイベントやトリガーに反応できるようにします。これは、交通管理など、変化する状況へのタイムリーな対応が不可欠なアプリケーションにとって重要です。

スマートモビリティでは、MQTTは車両間通信、車両とインフラの通信、リアルタイムの交通監視、車両管理、遠隔車両診断など、さまざまな目的に使用できます。EMQXは、多様なモバイルコンポーネント間のシームレスで信頼性の高い通信を可能にすることで、接続された効率的なスマートモビリティエコシステムの構築に役立ちます。

専門家と話します
お問い合わせ →

おすすめ閲読

May 26, 2023EMQX Team
自動車のコネクティビティに関する記事

EMQXは、コネクテッドカーのソフトウェアが互いに、エッジサーバー、およびクラウドと通信できるようにします。リアルタイムでIoVデータを信頼性の高い形で移動および処理し、セキュアで信頼性があり、スケーラブルなコネクテッドカープラットフォームを簡単に構築できます。

Oct 12, 2023EMQX Team
V2Xとは?未来に車両とエブリの接続です

V2X (vehicle-to-everything) は、車両が他の車両 (V2V)、歩行者 (V2P)、インフラストラクチャ (V2I)、ネットワーク (V2N) など、環境内のさまざまな要素とデータを交換できるようにする通信技術です。